排水口の修理

一方そのてーぶるのところで犇めき合っている人々の立てる排水口の修理は物凄いほどであった。打ち見たところこの連中は、この前の夢の時よりは一そうはげしい憎念を、斉藤に対していだいているらしかった。彼らはてんでに手を振りあげて彼を威嚇し、声を限りに何やら彼に喚きかけるのであったが、さて一体何をどなっているのかになると、なんとしても見当がつかなかった。『いや、これは幻覚なんだ。俺はちゃんと知ってるはずじゃないか!』と彼には思われた、『俺は知ってるぞ、俺はとうとう寝つかれなかったんだ、そして今、苦悶に堪えられなくなっておきあがったところなんだ!』……とはいえまた、その叫喚といい、人々の姿といい、その身振りといい、何もかもがじつにまざまざと手にとるように見え、あまりにも真に迫っているので、時おりはこんな疑念に捉えられることもあった、——『本当にこれがただの幻覚なんだろうか?この連中は俺をどうしようと言うんだろう、弱ったなあ!だが待てよ……果たしてこれが幻覚でないとしたら、これほどの叫喚に今の今まで中村が目を覚まさずにいるはずがあるだろうか?それ、あの作業員は眠ってるじゃないか、向うの寝椅子のうえでさ。』——やがて、やはりこれも前の夢と同様に、突然何ごとかがもちあがった。一同は階段のほうへ突進して、どあのところで物淒い押し合いへし合いを演じた。階段口から新らしい群衆が、どやどやと台所へなだれ入って来たのである。この連中は何か大きな重たそうなものを担ぎこんで来るところであった。